家電

ゲーミングモニターおすすめ5選|選び方解説

公開:2021年12月24日 更新:2021年12月24日
Twitter
Facebook
Line
3
数多くあるゲーミングモニターは種類や専門用語が多くメーカーも様々。ゲーミングモニター選びの4つのポイントとおすすめモニター5選をご紹介します。

この記事を書いた人

PlusLOGの中の人
PlusLOGの中の人

実際に使って感じたこと、思ったことをストレートに書くことをモットーに、家電・パソコン・周辺機器・モバイル・オーディオなどの新製品から人気製品まで幅広くレビュー記事をご紹介中。

数多くあるゲーミングモニター。種類や専門用語が多く、メーカーも様々です。ゲームを快適に遊ぶには必須ですが、実際どれを購入すればいいのかわからないことが多いのも事実。

ゲーミングモニター選びには4つのポイントがあり、それぞれをしっかり理解して最適な1台を購入しましょう。

この記事では、ゲーミングモニターおすすめ5選とゲーミングモニター選びのポイントを解説します。

ゲーミングモニター選びのポイント

ゲーミングモニターを選ぶ上で重要なポイントを4つ解説します。

以下のポイントはゲーミングモニターのスペック表に記載されている専門用語です。

よく目にする用語でもあるので、それぞれの意味やポイントを覚えてみてください。

  • ポイント① リフレッシュレート
  • ポイント② 応答速度
  • ポイント③ 液晶パネル
  • ポイント④ 画面サイズと解像度

この中でも特に重要なのは「リフレッシュレート」と「応答速度」です。

ポイント① リフレッシュレート

リフレッシュレートとは、1秒間に画面が切り替わる回数のことです。60Hzなら1秒間に60回。

単位はHz(ヘルツ)で60Hzや144Hz、240Hz、360Hzと数値が大きくなるほど「なめらか」に表示できます。

特にFPSやTPSジャンルにおいて敵に照準を合わせやすくなり、有利にゲームプレイが可能です。

一般モニター 60Hz
ゲーミングモニター 144Hz、165Hz、240Hz、360Hz

注意すべきは、パソコンやゲーム機器のスペックが影響する点です。

例えばPS4やニンテンドースイッチの場合は最大60fps、PS5は最大120fpsなので240Hzゲーミングモニターだとオーバースペックになってしまいます。

それぞれに最適なリフレッシュレートは次の表を参考にしてください。

PS4/PS4 Pro、ニンテンドースイッチ 60Hz
PS5、Xbox Series X 120Hz
ゲーミングPC 144Hz、165Hz、240Hz

ポイント② 応答速度

応答速度とは、画面の色が別の色に切り替わるまでの速度のことです。

単位はms(ミリセカンド)で5msや1msと数値が小さくなるほど、残像感が少なく「ブレ」のない表示ができます。

こちらもFPSやTPSジャンルにおいて有利にゲームプレイが可能です。

一般的に5ms以下であれば十分であり、プロゲーマーと同じ環境でプレイしたい方なら1ms以下のゲーミングモニターを選んでください。

ポイント③ 液晶パネル

液晶パネルの種類は、TNパネル、VAパネル、IPSパネルの3つです。

TNパネル FPSやTPS、格闘ゲーム向き
VAパネル 映画鑑賞などのエンタメ向き
IPSパネル ゲームからクリエイティブまで万能

これまではゲームなら応答速度の速いTNパネルが普及してきましたが、現在はほとんどIPSパネルを採用しています。

特にこだわりがなければ、IPSパネルを選んでおけば大丈夫です。たまにADSパネルも見かけますが、性能は同等です。

ポイント④ 画面サイズと解像度

画面サイズや解像度は様々あり、ゲーミングモニターは24インチのフルHDが一般的です。

FPSやTPSジャンルなどの競技性の高いゲームは視認性の高い24インチがおすすめ。また高リフレッシュレートでプレイできるフルHDが好まれています。

一方でMMORPGやソロプレイするオンラインゲームなどは、没入感や美しい映像を楽しめる27インチや32インチ、ウルトラワイドなど大画面、高解像度(WQHD、4K)がおすすめです。

ただ解像度が高くなると、パソコンの性能も必要なのでゲーム設定で低負荷にしたり、高性能なパソコンが必要な場合もあります。

ゲーミングモニターおすすめ5選

この項目では、ゲーミングモニターおすすめ5選を紹介します。

  • BenQ MOBIUZ EX2510S(おすすめ)
  • BenQ ZOWIE XL2546K(240Hz)
  • LG 27GP950-B(4K)
  • HUAWEI MateView GT(ウルトラワイド)
  • Pixio PX248 Prime(安い)

先ほど述べたゲーミングモニター選びのポイントを参考に選んでくださいね。

BenQ MOBIUZ EX2510S(おすすめ)

サイズ 24.5インチ
パネル IPS
解像度 フルHD(1920 x 1080)
リフレッシュレート 165Hz
応答速度 1ms
入力端子 HDMI2.0x2 DisplayPortx1
参考価格 34,162円(税込)

ポイント BenQ MOBIUZ EX2510Sを選んだポイント

定番スペックのゲーミングモニター。プロゲーマーも愛用するBenQ製です。

24インチクラスのフルHDなので使いやすく、リフレッシュレートは165Hz。

FPSやTPSジャンルをプレイするのには最適な1台で、ゲーミングPCだけでなくPS5用のモニターとしてもおすすめです。

またゲーマー向けの支援機能も豊富。暗い場面の視認性を高める「Black eQualizer」や画面の明暗を細かく調整できる「Light Tuner」を搭載しています。

とても人気で性能と価格のバランスがよく、ゲーミングモニター選びに迷ったらBenQ MOBIUZ EX2510Sを選んでください。

BenQ ZOWIE XL2546K(240Hz)

サイズ 24.5インチ
パネル TN
解像度 フルHD(1920 x 1080)
リフレッシュレート 240Hz
応答速度 0.5ms
入力端子 HDMI2.0x3 DisplayPortx1
参考価格 58,300円(税込)

ポイント BenQ ZOWIE XL2546Kを選んだポイント

プロゲーマーと同じゲーミングモニターを使いたいならBenQ ZOWIE XL2546Kがおすすめです。

世界中のプロゲーマー御用達のXL2546の最新モデル。実際に競技トーナメントにも採用された実績があります。

こちらもFPSやTPSジャンル向きの24インチのフルHDでリフレッシュレートは240H、応答速度は0.5msです。

また残像を極限まで抑える「DyAc+」や暗い場面の視認性を高める「Black eQualizer」も搭載されており、ゲームで勝つためのモニターです。

240Hzゲーミングモニターを探しているならBenQ ZOWIE XL2546Kを選んでください。

LG 27GP950-B(4K)

サイズ 27インチ
パネル Nano IPS
解像度 4K(3840 x 2160)
リフレッシュレート 最大144Hz
応答速度 1ms
入力端子 HDMI2.1x2 DisplayPortx1
参考価格 113,450円(税込)

ポイント LG 27GP950-Bを選んだポイント

ゲーミングPCやPS4、PS5、Xboxなど万能に使いたいならLG 27GP950-Bがおすすめです。

27インチの4K解像度であり、RPGやシュミレーションゲーム、レースゲームなどジャンルを問わず使えるゲーミングモニター。

4K解像度としては採用が少ない144Hzの高リフレッシュレート、1msの応答速度に対応しており、FPSやTPSジャンルにも使えます。

参考価格は11万円台と高額ですが、これさえあれば今後数年間は現役で使えるゲーミングモニターなのは間違いなし。

ハイスペックなゲーミングPCをお持ちの方や高性能なゲーミングモニターを探している方はLG 27GP950-Bを選んでください。

HUAWEI MateView GT(ウルトラワイド)

サイズ 34インチ
パネル VA
解像度 UWQHD(3440 x 1440)
リフレッシュレート 165Hz
応答速度 4ms
入力端子 HDMI2.0x2 DisplayPortx1
参考価格 61,700円(税込)

ポイント HUAWEI MateView GTを選んだポイント

最近普及してきた湾曲ウルトラワイドモニターならHUAWEI MateView GTがおすすめです。

UWQHDという4Kに近い解像度で34インチの大型サイズ。曲率1500Rの湾曲パネルの効果で圧倒的な視覚効果を実現しています。

ゲームプレイにおいても165Hz/4msなので幅広いゲームジャンルで使えますし、同性能のモニターと比べて半額程度で買えてしまうほどコスパも良いです。

現在テレワークで使用していますが、画面サイズが大きく湾曲してるため作業しやすく、また21:9というアスペクト比なので余白のない全画面表示でNetflixを見ています。

ウルトラワイドモニターをお探しなら湾曲タイプがおすすめ。6万円台で購入できるHUAWEI MateView GT(Standard Edition)を選んでください。

Pixio PX248 Prime(安い)

サイズ 24インチ
パネル IPS
解像度 フルHD(1920 x 1080)
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms
入力端子 HDMI1.4x1 HDMI2.0x1 DisplayPortx1
参考価格 22,980円(税込)

ポイント Pixio PX248 Primeを選んだポイント

格安なゲーミングモニターはたくさんありますが、その中でもPixio PX248 Primeをおすすめします。

Pixioは国内の代理店が販売しており、アフターサポートも充実しています。後発ですがコスパの良いゲーミングモニターが多く人気メーカーです。

ゲーミングモニターとしてはスタンダードなモデルでIPSパネル、24インチ、144Hz、1msと欲しい機能が全部入りです。

また2万円台で購入でき、同性能のゲーミングモニターと比較すると最安値クラス。

低予算で性能の良いゲーミングモニターを探している方はPixio PX248 Primeを選んでください。

ゲーミングモニターおすすめ5選|比較表

製品名
BenQ MOBIUZ EX2510S
BenQ ZOWIE XL2546K
LG 27GP950-B
HUAWEI MateView GT
Pixio PX248 Prime
製品画像
サイズ 24.5インチ 24.5インチ 27インチ 34インチ 24インチ
パネル IPS TN Nano IPS VA IPS
解像度 フルHD(1920 x 1080) フルHD(1920 x 1080) 4K(3840 x 2160) UWQHD(3440 x 1440) フルHD(1920 x 1080)
リフレッシュレート 165Hz 240Hz 最大144Hz 165Hz 144Hz
応答速度 1ms 0.5ms 1ms 4ms 1ms
入力端子 HDMI2.0x2
DisplayPortx1
HDMI2.0x3
DisplayPortx1
HDMI2.1x2
DisplayPortx1
HDMI2.0x2
DisplayPortx1
HDMI1.4x1
HDMI2.0x1
DisplayPortx1
参考価格 34,162円(税込) 58,300円(税込) 113,450円(税込) 61,700円(税込) 22,980円(税込)
購入

この記事では、ゲーミングモニターおすすめ5選とゲーミングモニター選びのポイントを解説しました。

多くのラインナップからおすすめ形式で紹介しましたが、どれも人気で定番のゲーミングモニターです。

FPSやTPSなら24インチ/144Hz/1ms/フルHDを、RPGやシュミレーションなら27インチ〜/60Hz〜/WQHDや4Kモニターを参考に選んでみてくださいね。

またウルトラワイドモニターや湾曲モニターなどの次世代モニターも要チェックです。

※この記事は2021年11月時点の各社公式発表情報を元に作成しています。商品や金額が異なっている場合もございますのでご了承ください。
※また本記事に掲載の感想は、個人の感想です。

関連記事